トラブル事例

探偵者とのトラブルで一番多いのは料金に関してのものが多いようです。依頼主がなっとくできない内容のレポートを提出してきて「料金を払え」というものなどが事例として多く聞かれます。
 浮気調査には尾行がつきものですが、「被疑者に見つかると思ったので待機」という内容がレポートに多く記載され「結論がよく見えない」ということで喧嘩になってしまった例もあります。浮気調査では決定的な証拠が必要だと素人でもわかります。それなのに写真もない、音声もない、浮気相手が誰なのかもわからない、といったレポートでは依頼主が憤慨しても仕方ないでしょう。
 問題はこのように内容がないレポートを出してきても、探偵として活動をしたのだからその分の代金を支払ってほしいということを探偵社は主張することです。確かに人が動けばお金がかかるのはわかります。しかしながら中身の全くないレポートを渡されれば、誰もが納得できるものではありません。契約料から何から何まで全て返金してもらいたくなるでしょう。
 このような状況にならないためにもしっかりと契約内容は確認しておきたいものです。本当に悪徳な探偵社だと、手付金を徹底的に吊り上げて先払いしてもらい、中身のない内容のレポートをして依頼主に残金支払いを拒否されても儲けられる仕組みをとっているそうです。こうなると詐欺ですよね。こうならないようにするには、やはり実績がある探偵社、ネット上で評判のよい探偵社、料金が明瞭な探偵社を選ぶのがよいでしょう。