トラブルの多いもの

探偵者とのトラブルで多いのは、調査にかかった人員や時間を水増しして請求してくることがあるそうです。調査にかかった時間などはなかなかわかりにくいですからね。また、探偵事務所の規模がさほど大きくないところは、正規雇用の探偵ではなく「外注」を使うこともあるようですが、これが素人の探偵を使うこともあるようです。素人を使うとどうしても本当のプロの調査員よりも要領が悪いところや時間がかかってしまうことにつながります。こうした未熟な調査員の分も依頼者が払うことになってしまうのです。
 わかりにくい料金設定もトラブルの元になっているようです。例えば「申込金」は調査料金ではないのに、「別途調査料金がかかります」などの案内が契約に書いていない場合もあるようです。申込金と調査料金、契約料などの中身をしっかりと説明を聞いておかないと調査終了時の支払いの段でもめる可能性があります。
 おそらくどんな費用が発生するのか、しっかりと項目ごとに確認を入れておかなければ後にもめることになってしまいます。探偵に依頼をする時には、とても冷静な精神状態ではないかもしれませんが、こうしたことをチェックしておかなければ自分が困ることになってしまいます。
 また、大手の探偵社では顧客獲得のノルマを課しているところもあるようです。私は探偵社の営業などやったことはありませんが、営業というのは時に顧客にかなり魅力的な言葉を並べてしまうことがあります。料金の表示が少ない探偵業においては、こうした営業の言葉に折れ手仕舞うこともあるでしょう。なんとか冷静に物事を判断するように心がけなければなりません。