トラブルに合わないための注意事項

一般的な人にとって探偵というのは、なかなか縁がない世界の人たちです。しかしながら、自分にはないと思っていてもいつどんな形で探偵社に依頼をしなければならないかもしれない世の中です。もし探偵社とのトラブルに会ってしまうのはこうした状況だからかもしれません。
 探偵社とのトラブルは、圧倒的に支払いについてのものが多いそうです。調査を依頼してもそれに見合った結果を出してこなかったり、予想していた以上に経費が高かったり、調査人員が以上に多く記載されていたりしたときにトラブルになるようです。要するに背請求額が高かったり、見合わない額であったりするということです。
 このようなトラブルに会わないためには、契約をする時点でしっかりと契約内容に目を通しておくべきです。一つ一つの項目に目を通して、意味が理解できなければ徹底的に探偵社に説明をしてもらうのです。納得できない項目がひとつでもあれば契約する必要はありません。探偵社は全国にいくつもあるわけですから、1社に固執する必要はないのです。
 こうした状況も考えて、探偵社1社に見積もりをお願いするよりも、何社かの探偵社に相見積もりを取ったほうが件名でしょう。交渉の席で「この内容ならばB社のほうがいいかも」といったことを考えることが出来ます。また、「A社ではこういっているのですが。。。」といった話し方をするのもよいかもしれません。探偵社にしてみれば「試されている」と感じるので、先方が緊張してくれるでしょう。「依頼者はバカじゃないぞ」と思わせるのも、交渉術になるのではないでしょうか。

トラブルに合わないための注意事項関連ページ

悪徳業者の手口
トラブルの多いもの
トラブル事例