料金の決め方

探偵料は決して安いものではありません。調査には最低でも何人かが動くわけですから、その人件費が発生してきます。探偵社としては、そうした人件費以外にも特殊な機器を購入していますし、オフィスの賃料も稼いでいかなければなりません。そして純粋に利益を追求しなければ“商売”として成り立ちません。さらに調査中に移動をすれば、そうした移動の経費は直接依頼者にかかってくるのです。探偵社はボランティアではありませんので、このようなお金がかかるものです。
 こうしたさまざまな経費が、探偵社の料金に含まれてくるわけですからそうそう安い値段が出てくるはずがありません。着手金というのを設定している探偵社が多いようですが、この着手金というのは契約料みたいなもののようで、探偵社によっては10万円〜30万円程度とさまざまなようです。おそらくこの着手金が探偵社の利益に相当する部分ではないでしょうか。それ以外にかかる費用はすべて契約者が持つのかどうか、契約の内容をよくチェックしておかなければなりません。
 よくチェックしておきたいことは、人ひとりあたりいくらぐらいかかるのか、何人の調査員が動くのか、使われる機材・車両はどういったものか、何日ぐらいかかるのか、などといったことでしょう。ここまでわかっていれば探偵社が見積もりを出してくるまでに、自分である程度の計算をすることも出来るのではないでしょうか。
 とにかくなにをするにもお金がかかりますから、調査依頼の契約を結ぶ前によく契約内容を確認しておかなければ、支払いの際にもめ事になってしまうかもしれません。自分で納得するためにも、しっかりと契約内容を把握しておきましょう。