盗聴器調査

最近ではあまり知識のない人でも、秋葉原へ行けば超小型高性能の盗聴器を購入することが出来るようです。この盗聴器をどう使うかは購入者の理性の問題となっているようで、特にライセンスなどの規制がないようですから困ったものです。簡単に手に入るものであれば悪いことをする人も多く出てしまうでしょう。
 実際にテレビなどで盗聴器を探すレポート番組を見たことがありますが、盗聴器を探すのにはそれなりの特殊な機材がないと難しいようです。ポータブルアンテナを手に持ってあたりに気を配る調査員。しばらくすると、ポータブルアンテナの先に取り付けられた検波器からビープ音が出て「あそこの部屋に何かありそうですね」ということに。番組ディレクターが住人に直接交渉をして室内をくまなくチェックすると、電気コンセントの中に小さな発信機が見つかったのです。調査員が「電気配線に仕掛けておけば半永久的に盗聴可能です」というようなことを行っていたのが印象的でした。
 問題は「なぜ?」ということですが、盗聴器を仕掛けられた本人は「心当たりがない」と言う人が半分ぐらいです。その他半分の方たちは「別れた彼氏に執拗に付きまとわれて。。。」など、思い当たる節もあったようです。理由がわかる人はどう対処していけばよいのか方策を見出すことが出来ますのでまだよいかもしれませんが、「心当たりがない」と応えた方はどうするのでしょう。。。自分の知らない人がどこかで監視していると思うと不安が募るばかりです。こういった時の対処法も経験のある探偵社はアドバイスをくれたりします。盗聴器の調査は確実にしておきたいものですね。