行方不明調査

私の身の回りでは聞いたことがありませんが、「行方不明」となっている人は実際に結構いるようです。家を飛び出して引越しを繰り返しているうちに「音信普通になってしまった」というのが典型的なパターンだそうです。家を飛び出すような人は住民票の天気手続きをするような人はいないでしょう。こうなると痕跡をたどっていくほかありません。
 家族や友人は心配していることだと思います。だからといって独自に行方不明になった人の痕跡をたどるとすると、相当なエネルギーと多くの時間が必要でしょう。警察に失踪届けを出してみても、警察は失踪した人を探すための人員は限られていますし予算もさほど組まれていないのが現実です。こうなると探偵にお願いするしかなさそうです。
 探偵に行方不明調査をお願いすれば、自分で探すよりももっと効率よく調査をしてくれることでしょう。長年の経験から行方不明者が行きそうな場所を心得ていますし、聞き込みをする場所もポイントにブレがないのでしょう。調査手法として行方不明になってしまった経緯から、どういう心情で行方をくらませているのか心理学的なアプローチを調査に取り入れたりすることもあるようです。これは経験則がないと出来ないことかもしれません。
 行方不明者をたどっていくには、行方不明者の背景にあるストーリー、出来るだけ正確な日時などの資料が必要です。「探偵に頼めばいいや」といった人任せでは、なかなか調査は進まないことでしょう。出来る限り正確に探偵調査員にことの経緯などを事細かに説明し協力する必要があります。