浮気の証拠

浮気の調査を依頼するくらいの人には「浮気の証拠」などというものは見つけることは出来ないでしょう。しかしながら、第3者に調査を依頼するにあたって、“証拠”に近い論拠を持っておかなければならないでしょう。
 浮気の証拠を独自に探し当てようと、日頃パートナーをチェックしていてもそう簡単に足を出すようなことはしないでしょう。一般的な浮気の兆候として、金遣いが荒くなった、携帯電話に細工している、外泊が多くなったなどといってもパートナーも同じようにインターネットで検索して「ふむふむ、こういうことに注意すればいいんだな」というように気をつけていることでしょう。私ならそうします。
 決定的な証拠というのはなかなか見つけることができないのであれば、タイムラインでパートナーがどう変化していったのか、以前は□□だったのに今では○○になっている、といった違いを第3者である調査員に説明できるようにしておくべきです。そうした変化を調査員は糸口に調査を始めることが出来ますし、なによりも浮気調査の依頼に対して「パートナーは浮気をしている」という確信を持てます。どんな人にとっても不確かなことを調査することほど大変なことはないかと思います。
 浮気の証拠を探り当てるには、依頼主も調査員に最大限の協力をしていかないと暴けるものも暴けなくなってしまいます。暴けたとしても相当時間がかかってしまうことになるでしょう。また、時間がかかればそれだけ余計にお金もかかるということになります。