自分で情報を整理しないこと

探偵社に調査を依頼するにあたって、探偵社は全くの第3者ですので被疑者を全く知らないのです。こうしたことから、探偵社は調査をする前に依頼主から出来る限りの情報を集めようとします。被疑者の行動パターンや写真などです。このような基本情報以外にも、依頼主と被疑者の会話、ちょっとでも気になること、携帯電話の情報、所持品などで不振に思ってことなどをヒアリングしていきます。
 この時にほとんどの依頼主は頭の中で「あんなことがあったけれど、きっとかんけいないよね」と自分で判断し、探偵調査員に伝えないことが多いそうです。探偵は、依頼主どころか被疑者については会ったこともなければ話したこともない人です。ですから本当に微細なことであっても自分で「必要・不要」という判断をせず、調査員に伝えておくべきなのです。
 浮気調査をした調査員の体験談をネットで見ましたが、浮気の被疑者はものすごくガードが強い人だったので調査に苦労していたそうです。当初、依頼主がパートナーはボランティア活動をしているということを「ボランティア活動だから関係ないよね」と判断し調査員に伝えていなかったので、相手を特定するのに時間がかかってしまったそうです。もちろんそのボランティア活動が隠れ蓑だったのですが。。。
 プロの調査員を前にして、自分の判断で情報を整理してしまうとなかなか調査が難しくなってしまうこともあるようです。どんなに些細なことであっても、調査員には全て伝えておくようにしましょう。

自分で情報を整理しないこと関連ページ

写真は大事です
「探偵」ってどんな人?